<Japanese / English>

佐藤 弘毅(さとう こうき)

名古屋大学国際機構国際言語センター 准教授

>>>自己紹介ページへ

研究分野

  1. 教育工学
  2. 日本語教育メディア・システム開発
  3. >>>詳細

現在取り組んでいるテーマ

  1. 電子化黒板を活用した授業支援

    a

  2. 日本語教育用コンピュータ教材(CALL)の開発

    a

  3. コンピュータを介したコミュニケーション(CMC)研究

    a

  4. 存在感(social presence)の役割に関する分析

    a

  5. >>>詳細

主な研究業績

著書

  • 名古屋大学日本語教育メディア・システム開発グループ(編) (石崎俊子, 佐藤弘毅, 原愛樹, 江川智昭 (著)) (2006) 現代日本語コース中級聴解 (IJLC) CD-ROM, 凡人社.
  • >>>その他

論文

  • 佐藤弘毅, 赤堀侃司 (2005) 電子化黒板に共有された情報への視線集中が受講者の存在感および学習の情意面に与える影響, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.4, pp.501-513. (日本教育工学会論文賞受賞論文)
  • 佐藤弘毅, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2004) 受講者のフィードバックを黒板に表示するソフトウェアの開発と評価, 科学教育研究, Vol.28, No.5, pp.295-305.
  • >>>その他

国際会議,口頭発表,等

  • Sato, K. (2006) Effect of Social Presence Caused by Non-Verbal Cues on a Bulletin Board System to Enhance Subsequent Communication, Proceedings of the 5th International Conference on Cognitive Science (ICCS2006), pp.179-180.
  • Sato, K. & Akahori, K. (2005) Effect of Visualizing Social Interaction on Bulletin Board Systems to Enhance Social Presence of the User, Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (ED-MEDIA) 2005, pp.814-821.
  • >>>その他

開発したシステム・教材

  • i-room: 受講者のフィードバックを黒板に表示するソフトウェア
  • IJLC: 現代日本語コース中級 聴解 Web
  • WebCMJ: 初級日本語文法オンライン学習教材(他言語版)
  • >>>その他

 
ホームページ
自己紹介
研究
業績一覧
 

i-room.jp

Copyright (C) 2016 佐藤 弘毅(さとう こうき)