<Japanese / English>

業績一覧

1. 著書

  • 名古屋大学日本語教育メディア・システム開発グループ(編) (石崎俊子, 佐藤弘毅, 原愛樹, 江川智昭 (著)) (2006) 現代日本語コース中級聴解 (IJLC) CD-ROM, 凡人社.

2. 論文(査読有り)

  • 佐藤弘毅, 赤堀侃司 (2005) 電子化黒板に共有された情報への視線集中が受講者の存在感および学習の情意面に与える影響, 日本教育工学会論文誌, Vol.29, No.4, pp.501-513. (日本教育工学会論文賞受賞論文)
  • 佐藤弘毅, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2004) 受講者のフィードバックを黒板に表示するソフトウェアの開発と評価, 科学教育研究, Vol.28, No.5, pp.295-305.

3. 口頭発表

<国際会議>(査読有り)

  • Sato, K. (2007) Impact of Social Presence in Computer-Mediated Communication to Effective Discussion on Bulletin Board System, Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (ED-MEDIA) 2007 (In Printing, Accepted as Full Paper).
  • Sato, K. (2006) Effect of Social Presence Caused by Non-Verbal Cues on a Bulletin Board System to Enhance Subsequent Communication, Proceedings of the 5th International Conference on Cognitive Science (ICCS2006), pp.179-180.
  • Sato, K. & Akahori, K. (2005) Effect of Visualizing Social Interaction on Bulletin Board Systems to Enhance Social Presence of the User, Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (ED-MEDIA) 2005, pp.814-821.
  • LI, K., Sato, K., Akahori, K. (2005) Development and evaluation of DInCo: using digital ink to correct Japanese compositions, Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (ED-MEDIA) 2005, pp.3698-3702.
  • Sato, K., Akahori, K. (2004) Enhancing Interactivity in Face-to-Face Lecture by Using "Board Mediated Communication", Proceedings of World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia and Telecommunications (ED-MEDIA) 2004, pp.146-153.
  • Sato, K., Yanagisawa, M., Akahori, K. (2002) Interactive Blackboard Software Visualizing Students' Feedback - Toward "i-room": Classroom Computerization -, Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE) 2002, Vol.1, pp.823-827.
  • Sato, K., Yokoyama, S., Akahori, K. (2001) Development and Evaluation of an Electronic Bulletin Board System Visualizing User Interaction, Proceedings of International Conference on Computers in Education (ICCE/SchoolNet) 2001, Vol.1, pp.114-121.

<その他>

  • 佐藤弘毅 (2006) 電子化黒板を介したコミュニケーションの発生と効果に関する実践的検討, 平成18年度情報教育研究集会講演論文集, pp.893-896.
  • 佐藤弘毅 (2006) 電子化黒板を介したコミュニケーションが授業のプレゼンスに与える効果に関する実験的検討, 日本教育工学会第22回全国大会講演論文集, pp.349-350.
  • 佐藤弘毅 (2006) 電子掲示板における非言語的手掛かりによる存在感の表出がその後の相互作用の活性化に与える影響, 日本認知科学会第23回大会論文集, pp.438-439.
  • 佐藤弘毅, 赤堀侃司 (2005) 電子化黒板に共有された情報への視線集中が受講者の存在感に与える影響, 日本教育工学会第21回全国大会講演論文集, pp.191-192.
  • 佐藤弘毅, 赤堀侃司 (2005) 電子掲示板における相互作用の非言語的手掛かりの視覚化が利用者の存在感に与える影響, 日本認知科学会第22回大会論文集, pp.304-305.
  • 佐藤弘毅, 赤堀侃司 (2004) 電子化黒板による情報共有が受講者の存在感に与える影響, 日本教育工学会第20回全国大会講演論文集, pp.927-928.
  • 佐藤弘毅, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2003) 発言しない大学生を対象としたインタラクティブな授業づくり ―受講者のフィードバックを黒板に表示するソフトウェアを用いた授業実践より―, 日本教育工学会第19回全国大会講演論文集, Vol.2, pp.737-738.
  • 佐藤弘毅, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2002) 学生のフィードバックを視覚化する電子化黒板を用いた授業の実践およびその有効性の検証, 日本教育工学会第18回全国大会講演論文集, pp.204-205.
  • 佐藤弘毅, 柳沢昌義, 赤堀侃司 (2001) 授業時において生徒のフィードバックを表示する電子化黒板ソフトウェアの開発と評価, 日本教育工学会第17回全国大会講演論文集, pp.529-530.
  • 佐藤弘毅, 横山節雄, 赤堀侃司 (2001) 参加者のインタラクションを視覚化するオンライン掲示板システムの開発と評価, 教育システム情報学会第26回全国大会講演論文集, pp.67-70.

4. 学位論文

<博士論文>

  • 電子化黒板を介したコミュニケーションによる存在感の促進とその効果に関する研究, 東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻 (2006).

<修士論文>

  • 授業時のフィードバックを利用する電子化黒板ソフトウェアの開発と評価, 東京工業大学大学院社会理工学研究科人間行動システム専攻 (2003).

<卒業論文>

  • 参加者のインタラクションを視覚化する三次元電子掲示板システムの開発と評価, 東京学芸大学教育学部情報環境科学課程教育情報科学専攻 (2001).

5. 科研費

  • 受講者の存在感に配慮した電子化黒板の活用方法の開発と日本語教育への展開, 文部科学省科学研究費補助金 (若手研究(B), 研究代表者), (2005-2006).
  • 文部科学省科学研究費補助金 (基盤研究(C), 研究分担者, 研究代表者:石崎俊子(名古屋大学留学生センター)准教授), (2006-2007).

6. 受賞

  • 日本教育工学会論文賞 (第20回, 受賞論文名「電子化黒板に共有された情報への視線集中が受講者の存在感および学習の情意面に与える影響」, 日本教育工学会論文誌(Vol.29, No.4, pp.501-513)に掲載, 赤堀侃司(東京工業大学社会理工学研究科)教授と共著)

7. その他(開発したシステム・教材,携わったプロジェクト,等)

 
ホームページ
自己紹介
研究
業績一覧
 

i-room.jp

Copyright (C) 2007 佐藤 弘毅(さとう こうき)